てぷゆ

スポンサーリンク
親の介護経過

親が腎盂炎(腎盂腎炎)になった時の行動と熱があれば早めに病院

腎盂炎(じんうえん)腎盂腎炎(じんうじんえん)とはどんな病気?聞き慣れない病に突然親がかかった話腎盂炎(じんうえん)腎盂腎炎(じんうじんえん)という、急性の病気に親がかかった時の状況から病院に行って完治するまでの情報を皆さんへシェアしたいと思います。その病気が親の身体を襲ったのは、丁度年末の30日頃でした。まだこの頃は
在宅介護情報

介護業界も注目!ロボットで介護が変わる!その未来や値段の動向

介護だけではなくあらゆる場面でロボット革命が起こる!介護の困り事の一つ!介助する人の肉体的負担今は日本は超高齢化社会に突入していて、その高齢者の人口がこれからもっと増加すると言われています。超高齢化社会とは全人口に対して75歳以上の人口数が21%超えた事により、そう呼ばれるようになりました。政府は人生100年時代といっ
2021.09.11
在宅介護情報

親の在宅介護で重要な介護認定とは?要介護認定の判定をする方法

入院中に親の要介護認定の判定をしました。要介護認定とは病気や事故で身体が不自由になったり、日常での生活が不安な場合に非常に役に立つ介護サービスを利用する事になります。そしてその介護サービスを利用するにあたって「介護認定」が必要になります。なので今回はこの「介護認定」の仕方など私が経験した事を皆様へ情報としてシェアしたい
2021.08.23
親の介護経過

親が難病になり在宅介護と私の介護経過報告の個人ブログ

難病の始まりと現状の介護経過30代の時に親の在宅介護でなぜ私は離職の道を選んだか?このお話は私と親の闘病生活日記となります。この記事はリアルタイムで継続して更新してお話していくので長くなる為、続き物の日記だと思って読んでいってください。※過去の話なので少し記憶がさだかではない事もありますがご了承ください。まず親が今の
2021.08.21
在宅介護情報

中高年でもわかる老々介護の増加!親の介護は誰がみる?共倒れの危険

厚労省の国民生活基礎調査の結果で考える介護問題超高齢化社会の介護問題!家族の介護が誰が?日本の高齢化問題も目立った対策がまだまだ安心してなされないまま、すでに「超高齢社会」になっています。現状の日本は2007年には高齢化率が21%を超えていて、「超高齢社会」になっています。平成 27(2015)年には「ベビーブーム世代」が前期
在宅介護情報

親の在宅介護通院歯医者からの訪問歯医者とは?切り替え方法と内容

親を歯医者に連れて行くにも大変になった親の歯医者の通院今回親の歯医者の通い方を変える事にしました。これまで通常の歯医者に行って通うという形で、私が同行して親の歯医者にかかっていました。しかし親はその日の体調次第で、なかなか時間通りに動けなかったり、外に連れ出すだけでも大変になり、歯医者の待合室で待つ事も辛い状況になって
在宅介護情報

通所リハビリテーションとは?介護認定後の契約方法と通院生活の様子

要介護認定し退院後に通所リハビリテーションに通う通所リハビリテーションとは介護認定を行い、「介護保険被保険者証」を交付してもらいこれをもとに、「通所リハビリテーション」に通う事になったので、今回はこの「通所リハビリテーション」の契約などの流れの情報を皆様へシェアしたいと思います。私の親は急遽救急車を呼び、そのまま入院に
在宅介護情報

親の在宅介護で家族負担を軽くする為デイサービスを利用した方法

政府が在宅介護を進める理由最近政府も推し進めている従来型の「施設に預ける介護」ではなく、自宅に面倒をみる「在宅介護(在宅医療)」です。なぜ政府は「在宅介護(在宅医療)」を進めるのか?在宅医療・介護についてできる限り、住み慣れた地域で必要な医療・介護サービスを受けつつ、安心して自分らしい生活を実現できる社会を目指す。■今
便利アイテム

介護での親の口腔ケアでおすすめスポンジブラシの使い方と感想

介護での歯磨きはスポンジブラシで優しくケア親の歯が取れた突然ですが先日親の歯が取れました。その時は親が自分で歯磨きをしている時でした。親は病気上自分でチカラの加減が難しく、歯磨きをする時もかなりチカラを入れて歯磨きをしていました。しかし年齢が年齢(70代)なので、歯も歯茎共にもろくなっており、ある程度の外部圧力がかかる
在宅介護情報

在宅介護中の親の緊急入院時の手続きの仕方と必要な物と準備

親はいつまでも元気とは限らない!私の親は在宅介護中に体調が悪くなり、急遽救急車を呼んで入院した経緯があります。当時は何をするにも初めての事で、私自身もいろいろパニックになりました。そして緊急入院という事で急遽入院に関する手続きや困った事を私の経験に基づいて情報をまとめたので、皆様へシェアしようと思います。まず情報を頭に
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました