在宅介護情報

スポンサーリンク
在宅介護情報

中高年でもわかる老々介護の増加!親の介護は誰がみる?共倒れの危険

厚労省の国民生活基礎調査の結果で考える介護問題超高齢化社会の介護問題!家族の介護が誰が?日本の高齢化問題も目立った対策がまだまだ安心してなされないまま、すでに「超高齢社会」になっています。現状の日本は2007年には高齢化率が21%を超えていて、「超高齢社会」になっています。平成 27(2015)年には「ベビーブーム世代」が前期
2022.05.24
在宅介護情報

福祉用具貸与・私が介護レンタルをやめて購入した理由ときっかけ

私は以前福祉用具貸与を利用していました。家では親が数年前に救急車で運ばれて入院して、退院した際にケアマネージャさんと相談し、家に介護ベットなどの福祉用具をレンタルする事になり、今まで利用させてもらっていました。しかしとある事がきっかけで福祉用具をレンタルをやめて、購入を選んだ理由などをお話したいと思います。祉用具貸与と
2022.05.24
在宅介護情報

介護中の親の体重が10kg減った時に!栄養剤エンシュアリキッドとは

喉の飲み込むチカラが弱まったり食欲減退した時親の体重がなぜ1年で10kgも減ったのか?親の体重が1年前の健康診断と比べると今年の体重が10kgも減ってしまいました。特にここ数ヶ月からの体重の減り方が激しかったです。この体重の激減の要因はここ数ヶ月の間で、親の歯が加齢により弱ってきてからでした。どうもここ数ヶ月の間で親の
2022.05.24
在宅介護情報

介護のおむつは医療控除できるので確定申告の際に申請する方法

介護用のおむつも医療控除の対象になります。医療控除は所得税の一部が戻ってくる場合がある介護用のおむつは確定申告する際に医療控除の対象になるので、しっかりこの存在を知っておきましょう。当初私はこういう税金関係は全然詳しくなくて、気にしていなかったのですが、昨今の日本の将来の事を思うと、自分でも予め老後の備えや準備も含めて
2022.02.19
在宅介護情報

難病と指定難病の違いと親の介護時に難病告知された時の家族の行動

難病の疑いから経過観察中に告知はきた私の親は当初自己申告からの「○○の難病ではないか?」という事で、難病の専門医のもと通院しながら経過観察をしていました。そして私の親の場合はすぐに難病と診断はされず、経過観察をしてその状況によって難病と診断される可能性ある状態でした。当初は難病の疑いがあるという事で通院をしていたので、
2022.01.21
在宅介護情報

5年間担当のケアマネジャーが新人の方と交代した時の家族の不安

3月の年度末に熟練ケアマネジャーさん交代の報告は急でした。5年間お世話になったケアマネジャーさんかれこれ私がこのケアマネジャー(介護支援専門員)さんと会ったのは当時5年前の事でした。今直面している親の介護も右も左もわからない状態の私にいろいろ教えてくれたり、大変な時には時間外な時も助けて頂いた時もあり、大変お世話になっ
在宅介護情報

介護業界も注目!ロボットで介護が変わる!その未来や値段の動向

介護だけではなくあらゆる場面でロボット革命が起こる!介護の困り事の一つ!介助する人の肉体的負担今は日本は超高齢化社会に突入していて、その高齢者の人口がこれからもっと増加すると言われています。超高齢化社会とは全人口に対して75歳以上の人口数が21%超えた事により、そう呼ばれるようになりました。政府は人生100年時代といっ
2021.09.11
在宅介護情報

親の在宅介護で重要な介護認定とは?要介護認定の判定をする方法

入院中に親の要介護認定の判定をしました。要介護認定とは病気や事故で身体が不自由になったり、日常での生活が不安な場合に非常に役に立つ介護サービスを利用する事になります。そしてその介護サービスを利用するにあたって「介護認定」が必要になります。なので今回はこの「介護認定」の仕方など私が経験した事を皆様へ情報としてシェアしたい
2021.08.23
在宅介護情報

親の在宅介護通院歯医者からの訪問歯医者とは?切り替え方法と内容

親を歯医者に連れて行くにも大変になった親の歯医者の通院今回親の歯医者の通い方を変える事にしました。これまで通常の歯医者に行って通うという形で、私が同行して親の歯医者にかかっていました。しかし親はその日の体調次第で、なかなか時間通りに動けなかったり、外に連れ出すだけでも大変になり、歯医者の待合室で待つ事も辛い状況になって
在宅介護情報

通所リハビリテーションとは?介護認定後の契約方法と通院生活の様子

要介護認定し退院後に通所リハビリテーションに通う通所リハビリテーションとは介護認定を行い、「介護保険被保険者証」を交付してもらいこれをもとに、「通所リハビリテーション」に通う事になったので、今回はこの「通所リハビリテーション」の契約などの流れの情報を皆様へシェアしたいと思います。私の親は急遽救急車を呼び、そのまま入院に
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました