スポンサーリンク
親の介護経過

親が難病になり在宅介護と私の介護経過報告の個人ブログ

難病の始まりと現状の介護経過30代の時に親の在宅介護でなぜ私は離職の道を選んだか?このお話は私と親の闘病生活日記となります。この記事はリアルタイムで継続して更新してお話していくので長くなる為、続き物の日記だと思って読んでいってください。※過去の話なので少し記憶がさだかではない事もありますがご了承ください。まず親が今の
2021.08.21
てぷゆ経験談

てぷゆの在宅介護 在宅介護とは?メリットとデメリット家族だけで悩まない!相談場所は?

こんにちは「てぷゆ」です。現在私は親の介護をしています。一言で介護といってもいろんな介護があります。その中で介護について私のいろいろな体験に基づいた貴重な情報をそのままブログを通して皆様にシェアし何かしらの心の負担が少なくなるような発信をしています。在宅介護とは?在宅介護とは家族が介護を必要とする時に、住み慣れた場所
2021.06.13
在宅介護情報

難病と指定難病の違いと親の介護時に難病告知された時の家族の行動

難病の疑いから経過観察中に告知はきた私の親は当初自己申告からの「○○の難病ではないか?」という事で、難病の専門医のもと通院しながら経過観察をしていました。そして私の親の場合はすぐに難病と診断はされず、経過観察をしてその状況によって難病と診断される可能性ある状態でした。当初は難病の疑いがあるという事で通院をしていたので、
在宅介護情報

5年間担当のケアマネジャーが新人の方と交代した時の家族の不安

3月の年度末に熟練ケアマネジャーさん交代の報告は急でした。5年間お世話になったケアマネジャーさんかれこれ私がこのケアマネジャー(介護支援専門員)さんと会ったのは当時5年前の事でした。今直面している親の介護も右も左もわからない状態の私にいろいろ教えてくれたり、大変な時には時間外な時も助けて頂いた時もあり、大変お世話になっ
親の介護経過

何日も便が出ない便秘の対処方法で病院に行き浣腸を何個も使用した経験

侮れない!便秘の腹痛からの大量の浣腸した経験放っておくと危険まだ親が難病なのか?違うのか?通院しながら様子をみていて、薬の飲み合わせ問題も一息ついてある程度日数が経った時期のお話です。基本まだこの時期は親も仕事をしており、自分で通勤できる状態でした。なので、私は親がいつ便が出たなどの状況は当たり前ですが、把握していない
親の介護経過

親の身体に異変!?大腸ポリープ手術の準備・流れ・結果報告

大腸ポリープ発見して手術そしてそのポリープは陰性か陽性か!?次から次へと押し寄せる病気の影親はちょっとした事で病院に通いだしてからは、より一層健康に気を使いだし、少し高め【ヨーグルト】や【トマト】や【納豆】を毎日食べ出し、仕事から帰ってきたら真夏だろうが真冬だろうが、かなりの距離を歩く日課になり、見てるこっちが関心する
親の介護経過

親が腎盂炎(腎盂腎炎)になった時の行動と熱があれば早めに病院

腎盂炎(じんうえん)腎盂腎炎(じんうじんえん)とはどんな病気?聞き慣れない病に突然親がかかった話腎盂炎(じんうえん)腎盂腎炎(じんうじんえん)という、急性の病気に親がかかった時の状況から病院に行って完治するまでの情報を皆さんへシェアしたいと思います。その病気が親の身体を襲ったのは、丁度年末の30日頃でした。まだこの頃は
在宅介護情報

介護業界も注目!ロボットで介護が変わる!その未来や値段の動向

介護だけではなくあらゆる場面でロボット革命が起こる!介護の困り事の一つ!介助する人の肉体的負担今は日本は超高齢化社会に突入していて、その高齢者の人口がこれからもっと増加すると言われています。超高齢化社会とは全人口に対して75歳以上の人口数が21%超えた事により、そう呼ばれるようになりました。政府は人生100年時代といっ
2021.09.11
在宅介護情報

親の在宅介護で重要な介護認定とは?要介護認定の判定をする方法

入院中に親の要介護認定の判定をしました。要介護認定とは病気や事故で身体が不自由になったり、日常での生活が不安な場合に非常に役に立つ介護サービスを利用する事になります。そしてその介護サービスを利用するにあたって「介護認定」が必要になります。なので今回はこの「介護認定」の仕方など私が経験した事を皆様へ情報としてシェアしたい
2021.08.23
在宅介護情報

中高年でもわかる老々介護の増加!親の介護は誰がみる?共倒れの危険

厚労省の国民生活基礎調査の結果で考える介護問題超高齢化社会の介護問題!家族の介護が誰が?日本の高齢化問題も目立った対策がまだまだ安心してなされないまま、すでに「超高齢社会」になっています。現状の日本は2007年には高齢化率が21%を超えていて、「超高齢社会」になっています。平成 27(2015)年には「ベビーブーム世代」が前期
在宅介護情報

親の在宅介護通院歯医者からの訪問歯医者とは?切り替え方法と内容

親を歯医者に連れて行くにも大変になった親の歯医者の通院今回親の歯医者の通い方を変える事にしました。これまで通常の歯医者に行って通うという形で、私が同行して親の歯医者にかかっていました。しかし親はその日の体調次第で、なかなか時間通りに動けなかったり、外に連れ出すだけでも大変になり、歯医者の待合室で待つ事も辛い状況になって
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました